スタパクラウド

にせものスタパさん

lastupdate. 2010/01/06 11:00:00

ストロボ

 「ジェネ買うとか」

 しかも、それぞれ最小で6Wsまで落とせるジェネだと各600Wsずつの出力まで落とせて、すぐ飽きて、すぐ飽きて売ってくれるの待ってた)フォトメーター製品って、このくらいまで落とせる(最大は各400Wsずつとなる。実勢価格は……と思ったりした機材で撮ると色がちゃんと出ますのう、とも思った。小出力OK、ファンレスなのをなんかしてるわね!! でも強引にエネループで使えるので、近々まとめてレポートしたいと思う。

 ストロボとカメラがシンクロコードをなくすための無線機器なので、まず無線マウス、ライト、ICレコーダー、外部フラッシュ、ストロボ用のヘッドとした拙者だった。最も小出力(300Ws)。006Pタイプのエネループ各種。左から単4形(D)。これまではコメットのちょいと古いストロボ一式。電源はエネループ×8本。作り方や使い方は簡単で、この製品、主にふたつのモノブロックストロボTWINKLE 02 IIという高出力LEDを使って撮った写真が物凄くキレイに撮れるように送信部・受信部間に遮蔽物があった。

使用したエントリ(スタパブログ

Webサービス by Yahoo! JAPAN