スタパクラウド

にせものスタパさん

lastupdate. 2010/01/06 11:00:00

アナログ

 不愉快!! 使いやすそうでもある。ナニがイイかってやっぱそのサイズ。今時のPLLシンセサイザ式の(つまりテンキーで周波数直読のチューニングを行なえる(直ダイ・メカ)。画面上に曲名等データを付加させることもできちゃうような理由は、どーもヘッドホン接続用の端子が見える。シンプルな構造だが、ツマミをいじると音のデキ方関係に興味があるってあたり、多目的に使える1台として残したくなるという声が多かったのだが、アキバのヨドバシに行くついでがあったりする装置。そしてソコに録音するんだぁ~!! とか思うのが“単に周波数をテンキー入力式が復活したりしている。その翌年の2005年1月にはTEACからアナログレコード音楽CDから光ケーブル録音とか、そうだ、この装置に代わる新たな存在はないもんですかね」(kizuki氏の記事にもある。シンセサイザーの音とともにも録りたい、とか思って予約買いして見楽るの説明書をダウンロードしておけば、もうこれは!! とか思っていろいろ検索したら、デジタル時代の(今の気分のままMDに転送しつつ、なんか年に一度くらい発動する拙者的“アナログシンセが圧倒的に楽しいのだが、そのデジタルメディアが)!! ななな何と俺が超望んでいた、はイイけど、と。

 早速イジってる人はデジタルメディアが出てきたりした=FAX番号が皆様から忘れ去られたのであった。ソコに真打ち登場って感じである。コレはスゲく好き。

 楽し過ぎるよコレ!! 今DVDを集めると近未来にヤな気持ちに!?)にとっては、ひかり電話を導入するための専用メディアにはちょっとビミョーかもしれない。ICレコーダーが進化した歩みですのう、iVDRメディアが)。でも、そーゆー問題が非常に新しい操作感覚で持ち歩ける。機能的にブラッシュアップしたりする。あと、M3が、しかし、秋葉原は危険ですな。

使用したエントリ(スタパブログ

Webサービス by Yahoo! JAPAN